2011年06月19日

スラウェシ島B

スラウェシ島北部最大の都市・マナド。ここまで来ると、バリ島よりフィリピンのほうが近くなります。インドネシアでは珍しく、キリスト教信者が大多数を占めるエリアです。驚くほど多くの教会があって、夕方になると鐘の音が街に響きます。

この街で何と言っても心に残ったのはガイドのフォニーさん。



マナドル(=マナドのアイドル)として売り出そうかと思っています。

旅も仕事も、やっぱり「人」ですねー。


ビーンズメディア・松永安浩

posted by 管理人1号。 at 22:54| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。