2010年07月29日

リーマンナーレ。

さて今日は名古屋で400年(!)の歴史をもつ料亭「河文」にて撮影。

名古屋出身のダンサー、平山素子さんへのインタビューでした。


今日は、昨日まで続いた名古屋の暑い夏空がウソのように明け方から猛烈な雨となりましたが、撮影の直前から雨が上がり、都会の喧騒がすべて遮られた中での静かな空間でインタビューさせて頂きました。


いつもそうなんですが、アーティストのみなさんを前にすると、いかに自分がちいさいか。。。を痛感して、どーでもいいことに“ウダウダクヨクヨグジグジネチネチ(もういいか)”しているのがアホらしくなってきます。

つまりパワーを頂くのでありますね〜。役得であります。


今日もそうでした。インタビュー自体はほんの数10分のものでしたが、ホントにカッコよかったです。


そしてその後ボクはコンビニでおにぎりを買って事務所に戻りました。


おにぎりを食べつつパソコンに向き合い、

「うーん、なんだかわびしーなー、リーマンはよ。。。」

と思いかけましたが、

「いや、かっこいいリーマンも結構いるなあ」

と思い改めました。


ついつい一芸を極めたヒトに脚光が浴びがちですが、サラリーマンや市井の人々もみなそれぞれドラマがあり、カッコイイのであります。


そーなのです。

どんな道でも、その人の気持ちひとつですよね。


なので、

「リーマンナーレ」

なるイベントをやったら結構面白いかもしれないな。。。などと、ちょっと本気で思ってしまいました。

推進室の皆さんなんて、濃いキャラの人たち満載だと思うのですが。。。(すんません)


「推進室ナーレ」


面白そうだなあ。。。


オレだけ??



  by tcc yamakawa


※平山素子さん
 http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/motoko-hirayama.html

※河文さん
 http://www.kawabun.co.jp/






posted by 管理人1号。 at 21:10| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。