2010年10月30日

いよいよ。

明日はトリエン最終日です。


およそ2年に渡ってトリエンTVに携わらせて頂いた身として、今のこの気持ちをどう表したらいいでしょう。。


まして、関係者の皆さんの思いはいかばかりか。。。


どうか、この思いが三年後につながりますように。



 by tcc yamakawa
posted by 管理人1号。 at 22:07| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

きのこちゃん。

そーいえば追記しようと思って忘れてましたが、下呂へは「きのこ」を撮影にいったんです。

ここんとこの下呂はとても元気がありまして、“Gランチ”や“Gグルメ”、“げろぐるくん”なるナイスなネーミングで、地元の名所や特産品、料理などをうまく売り出しています。

特にこの季節はキノコがオススメということで、とある生産者さんにお邪魔して撮影しました。

実はかねてから僕は「キノコずき」でありまして、なめたけとかしめじを手にすると「かわいいなあ。。。」と本気で思うのであります。(嫁さんが気色悪がるけどいいのだ)

KC3T0040.jpgなので、ズラリと並ぶキノコを前にどえらい感激してしまったのでありました。


そしたら、取材で訪れたところの代表の方(50代半ば。男性)が、

「やっぱり“キノコちゃん”の気持ちになってみることがいちばん大事だネ」

とおっしゃったのであります。


目の前に並ぶキノコを慈しむような目で見つつ。


そうなのです。

キノコには、思わず「キノコちゃん。。。」と呼びたくなるような、人の胸を温かく打つ造形の美しさがあると僕は思うのであります。

折しも今年の秋はキノコが大豊作とか。

視覚で癒され、味覚で癒され、いいことずくしのキノコちゃん。

ぜひみなさまご賞味ください。

でもって、下呂のキノコがどれだけ素晴らしいかは、11月8日からTCCで放送の「東海うまいもん本舗」をご覧ください!


また番宣になってしまった。。。(^_^;)

スビバセン。



by tcc yamakawa




 ※げろぐる
  http://www.gerogle.jp/

 ※東海うまいもん本舗(10月号)
 http://www.tokai-cable.jp/umaimon/index.html












posted by 管理人1号。 at 15:33| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

とりえんTV最終回 プレビュー終了!

さて今日は朝から最終回のプレビューでした。

こうやって17回もプレビューしてきたのか〜。。。と思わず涙が溢れてきました(嘘ですが)


最終回は、昨年のプレイベントから直近のゑびす祭までの振り返りの他、トリエンナーレを振り返っての建畠監督へのインタビュー、今後の動きについてのサポーターズクラブのみなさんへのインタビューなど、盛りだくさんの30分です。11月1日から放送ですのでゼヒご覧ください!


ところで。

TCCホームページのトリエンスタッフブログの紹介コメントが

“トリエンナーレTV制作スタッフの日ごろの思いをアートなイメージで綴っています”

と書かれているので焦ってしまいました(てか今ごろ気づくなよ)。

アートなイメージとは程遠く、ゆるゆるなイメージでつづってきたこのブログも、番組終了と共に閉じたいと思います。

それまでしばしお付き合いください<(_ _)>

てなことで、本日は番宣にて終了でございます。


名古屋はどえらい寒いので、みなさま風邪なぞひかれませんように。。。

(海辺のわが家は、本気で家ごと飛んでいくかと思うくらいの強風でありました)



 by tcc yamakawa







posted by 管理人1号。 at 12:37| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

サジマ。

え〜、毎度バカバカしい嫁さんのハナシであります。


嫁さんはウォッシュレットを嫌っています。

「あれはゼッタイ不潔だわ」

と信じて疑いません。

なんでも、ウォッシュレットのノズルから出る水と菊門がつながる以上、ノズルにその菌が付着する…と言うのですね。

わかるようなわからんようなハナシですが、まぁ本人次第なのでヨシとしてます。

で。

健康診断を受けるため、検便することになりました。

ところが便秘体質なのでなかなか出ず、困ってたんですな。

なので、

「ウォッシュレットでマッサージしたら?」

と言ったんです。

ウォッシュレットぎらいの嫁さんですが、さすがに仕方ないと思ったらしく、

「へ〜、そんな機能があるんだ…やってみるわい」

と、厠にこもりました(朝日を小脇に)。


そしてこもること10分。

「意味がわからん…」

と首をかしげて出てくると、取説を探しだしました。

「ど、ど〜したの?…」

と聞くと、

「マッサージされてるのかどうかわからん。ゼンゼン感じん」

と言うのですねえ。

聞けば、嫁さんは便座がマッサージチェアのごとく動き、おなかやお尻に刺激を与えてくれると思ってたんですね。


シャワーを使わず、マッサージボタンをひたすら押しまくる嫁。。。


「便座が動いて揉んでくれるんじゃないのか?」

と真顔でゆ〜ので、

「なわけね〜だろっ」


と突っ込みつつ、

「そんな便座があるとシアワセかもしれない…」

と思ったのでありました。


嫁さんは10分もの間、何を期待していたのだろう…。アホやわ。


おしまい。


  by tcc yamakawa
posted by 管理人1号。 at 12:22| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

感覚。

ご無沙汰しております。
ディレクターの松永です。

一昨日の朝日新聞ラテ欄コラム「ラジオアングル」に興味深い話が載っていました。視覚に障がいを持つ方々を取り上げた静岡のドキュメンタリー番組の紹介で、彼らは「色」というものをどう捉えているのか?というものでした。

そしてきょう、ぼくが教えている専門学校の学生たちに問いかけてみました。話は盛り上がり、「共感覚」という初めて聞く言葉にまで広がりました。これは文字や音に色を感じたりすることなどを指すそうです。で、実はぼく、数字に色を感じるんです。1は白、2はオレンジ・・・と。きょう着てる服は緑で、これは5です。8が白い文字で表示されていると、しっくり来ない。8は赤じゃないと・・・。幼い頃に見た何かに影響されてそう感じるんだと思っていたので、誰でも持ってる感覚だと信じていたのですが、学生に聞くと、「わからない」。

前述の番組でナレーターを務めた中村こずえさんは「視覚は人を固定するが、音と匂いは心を飛ばしてくれる」と語っています。

トリエンナーレの作品には、「見る」だけではないものもたくさんあります。この週末、もう一度、別の感覚を研ぎ澄まして作品に触れてみようかと考えています。

ちなみにトリエンナーレカラーの「マゼンタ」は、ぼくの数字には無い色です。近い色でピンクは「4」。これはたぶん、幼い頃見たモモレンジャーの影響です。(古い。。。)

posted by 管理人1号。 at 23:49| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。