2010年09月09日

街で出会うアート。

いいなぁ〜、ベトナム。
本場のフォーはおいしいのかなかわいい

トリエンナーレ関連のニュースで悲しいニュースがありました。

8日の夜。
街中に展示されているダヴィデ・リヴァルタさんの作品が倒されるという事件がありました。

作品は真っ白な白馬2頭の彫刻。

愛知という街に刺激を受け、世界中から集まったアーティスト達が思いを込めて作った物を、
そんなひとときの感情で壊してしまうなんてとても許せないし、悲しいです。

あいちで初めて行われる国際芸術祭、トリエンナーレ。
「ここ」で開かれる事に対して、誇りを持ってくれる地元の人たちがもっと増えれば良いのに。

私は、地元にこのような事をする人がいる事がとても恥ずかしいし、アーティストの皆さんに対して申し訳ない思いですあせあせ(飛び散る汗)


私は事件より前に街で見たのですが、
突然現れた2匹の馬の大きさと存在感にビックリしました。
同時に、「突然動物に出会ってしまった」という不思議な喜びに満ちた事を思い出します。
それば彫刻だけども、まるで生きているようなナチュラルな仕草が、さりげなくていいぴかぴか(新しい)

事件はとても悲しいけど、
損傷を負った今もちゃんと展示されているので、皆さん是非見に行って下さいグッド(上向き矢印)





早川えみ
posted by 管理人1号。 at 22:36| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

10月号に向けて。

さて10月号台本の第一稿があがってきました。

読んでたら、途中にベトナム特番用のナレーションと思われるくだりがありました。さすがの松永Dも混同してしまっているのでしょう。。。はっはっは。

とゆーのはまったくのウソです。私のいい加減な制作進行をきちんと進めて頂いて本当に感謝なりです。(みなさまスミマセン)



そして気づいたら、もう来週末には早川えみさんとの番組収録です。わお。

次回は長者町の夜をレポートする予定です。秋らしいレポートになるのかな、と思います。



僕は今日、別の番組の撮影で、半田と武豊、そして大垣をまわりました。


すっかり秋の気配に満ちていました。



勝手なもので、あまりの暑さにあれほど嫌悪したこの夏が、今はもう愛おしく感じてしまいます。



季節が移ろうと、トリエンナーレの作品の感じ方もきっと変わることでしょう。



これから10月31日までは、鑑賞には絶好の気候だと思います。



ぜひ。





  by tcc yamakawa
















posted by 管理人1号。 at 20:37| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。