2010年08月11日

逆さテレビ塔。

さて今日は名古屋市は栄のオアシス21に、草間彌生さんの作品の撮影にいきました。

100811_1136~01.JPGで、その撮影風景を写メで撮ったんですが、携帯の調子が悪いのと天候不順なのが重なって、なんだかおどろおどろしい写真になってしまいました。


逆さ絵に写るテレビ塔の怨念でしょうか。。。(違)





冗談はさておき、見る角度や天気によって印象がゼンゼン違います。ある意味とてもわかりやすいです。

これこそ屋外インスタレーションの醍醐味ではないでしょうか。


ぜひご覧ください!




 by tcc yamakawa




posted by 管理人1号。 at 22:47| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

風邪をひいた。

風邪をひいたようです。喉が痛い。痛い痛い痛い痛い。


僕の風邪はたいてい喉の痛みが始まりで、ひどいと一気に高熱がでます。

扁桃腺が腫れることもありますが、年に数回、疲れが溜まってくると急に熱がでちゃうんですね。

今はまだ喉が痛い兆候があるだけで本格的な痛みは出てないので様子見ですが、ひょっとするとひょっとします。うう。。。まぁ20日に風邪をひくよりいいか。


しかし思えば松永Dも2週間ほど風邪をひいていたし、そこからもらってしまったのかもしれません。(メールや電話のやりとりでも風邪がうつるような気がするのは僕だけでしょうか。)

そしてその風邪の発端は片山選手らしいのですね。

この責任をどうとってもらいましょう。。。


素っ裸なところを全身マゼンダカラーに染めて、ベロタクシーに平行して姿勢よくマラソンでもしてもらいましょうか。。。(逮捕されるかな)

等身大のマゼンダ矢印をつくり、そこに顔だけ出してスッポリ入ってもらって芸文の前に一日中たっててもらいましょうか。粉かけ自由で。(ハナ肇さんの銅像のごとく)



そうそう、僕は風邪をひくと異常に食欲がわくのです。

これって当たり前だと思ってたら、みなさんは食欲がなくなるんだそうですね。ビックリしました。

なので、僕の場合は風邪をひくと太るという、フツーのヒトとは真逆な現象が起こるのですね。でも思うにきっと体が欲しがっているのではないでしょうか。


話はどんどん飛びますが、今日はチビに駅弁を買って帰りました。

若い頃は、お盆に関西線で三重にお墓参りにいく途中、その駅弁をふたつ食べていたことを思い出しました。風邪ではなかったんですが、若くて食欲が旺盛だったんですねえ。でも太らなかったんだよなー。


。。。などなど、本日もまったくトリエンナーレぢゃないことを書いておしまいでございます。


そーだ。

「ストップ!ひばりくん」が27年ぶりに完結していたんですねえ。知りませんでした。


おしまい。



  by tcc yamakawa



posted by 管理人1号。 at 21:17| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

本屋に急げ!!

ディレクターの松永です。
急に涼しくなりましたねー。
9月号の台本、余裕で書けるはずが・・・

別件の打ち合わせがウチの事務所で午後8時からあり(その時点でおかしいのですが)、1時間で終わると思いきや、つい先ほど(0:40頃)終わり、日付が変わってしまいました。担当の辻村Dは終電にも乗れず、今夜はここで明かすとほざいています。
そんなふうなので、関係者の皆さま、9月号の台本は火曜日じゅうにお送りします。申し訳ありません。

業務連絡はこのぐらいにして、きょう夕方本屋に出かけると、トリエンナーレの公式ガイドブックが山積みになってました。最初は立ち読みで済まそうか、などと考えたのですが、開いてビックリ。即買いしました。
何と言うか、自分たちの街とは思えないほどの出来の良さ!これまでこんな名古屋本は無かったんじゃないでしょうか。見てるだけで愛知へ行きたくなります。

私たちも負けてられません。9月号は作品モリモリでお届けします。

その前に、8月号も見てね!これも面白いですから。
東海地方以外の皆さんは、ネット配信(8/15〜)でお楽しみください。
posted by 管理人1号。 at 01:08| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

始動。とりえん9月号。

さて立秋もすぎまして、今ごろ松永Dは9月号の台本第一稿を必死に書かれていることでありましょう。涼しくなったのでドンドン進んでいるのではないでしょうか。。。うひひひ。


ところで“月一本”の広報番組というのは、今の時代にその存在からしてとても難しい一面があると言えます。

日々刻々、いえ、一秒ごとに更新されていく現代のWebの情報に、月一本のイベント広報番組がどのように視聴者に向けて広報すればいいのか。


 その内容は? 

   切り口は? 

    情報の鮮度は? 

      情報の細かさの度合いは??



公式HPを見れば数分前の最新の情報が得られる中、たった月一本の牛歩的な更新状況で広報するべきものは何か。


先日、とあるプロダクション代表と話をしていたとき、こんな言葉を聞きました。


「どんどん消えていく情報はこれまでのテレビに任せておけばいいと思う。でも、蓄積して残していく情報こそは、CATVの担う役割ではないのか」


と。


少し前、webはそのストック性が紙媒体に近いかそれ以上だと言われていました。

しかし今ではもう、その時限りのモノになってしまいましたよね。

つまり百科事典みたいなものじゃないでしょうか。

ものすごく新しい情報ばかり並んでいるように見えて、でも実際はすべて過去の情報しか得られないということに気づき始めたのではないでしょうか。(島袋さんも仰ってましたね。。。)


一歩進むには、自分で探すしかないということです。



とりえんTVは、あと3本。


「公式広報番組」ならではの厳選された情報をお届けし、それを機に会場に足を運んで頂けるような番組でなければならないと、改めて考える今日この頃であります。(本当です)


おしまい。


  by tcc yamakawa










posted by 管理人1号。 at 21:45| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

造形美。カナブン。

今日、チビと虫捕りにいきました。

相生山というちいさな山で、最近はその里山を保存するかどうかでいろいろ物議を呼んでいるところです。

この山は僕にとっては幼い頃からフツーに存在した当たりまえの山なので、なんとも寂しい限りです。


で。


10時半頃からチビと自然歩道みたいなところを歩き、カナブン二匹となんかよくわからん小さな虫を捕りました。

途中、何組かの同じような親子連れやお祖父ちゃんと孫、お祖母ちゃんと孫、、、とすれ違い、そのたびに「収穫物情報」を交換しました。

みんななかなか虫を捕まえることが出来ず(お昼前だったので仕方ないですが)、カナブンだけでも捕れた僕らをえらく羨ましがられました。

いやしかし、正直カナブンなんて、僕が子供の頃はまったく相手にしない虫だったので、なんかこれまた寂しく隔世の感アリアリでありました。


IMG_6267.JPGそして帰りにエサのリンゴとゼリーを買って帰り、チビと観察しました。(やっぱり昆虫用のゼリーよりリンゴの方が食いつきがいいですね)

いやー、それにしても、こうして近くで昆虫を見るのは実に35年ぶりくらいのことなので、なんか妙に熱くなってしまいました。

昆虫って、すごく綺麗なんですねー!!




IMG_6269.JPGなんでも、カナブンは昆虫愛好家にはカブトムシやクワガタよりも、その甲虫としての美しさから愛されているというハナシもあり、確かにそうだと頷いたのでありました。


見れば見るほど、自然の造形美というのは不思議ですね。奇跡のカタチなんでしょうねえ。。。


そんな一日でありました。

おしまい。



  by tcc yamakawa




 ※色がメチャクチャですみません(涙)



posted by 管理人1号。 at 20:13| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。