2010年08月29日

新しいトリエンマーク完成。採用願います。

今日、ハンズメッセに行きました。

そしたらアッちうまにチビ(3歳10ヶ月)がぐずりだし、「虫捕りに連れてけ。連れてけ連れてけ連れてけ。けけけけ。」とうるさいので、「ったくコイツわ。。。」とぶつぶつ言いながらセントラルパークに虫捕りにいきました。

mushitori.JPGそして蝉とカナブンをゲットしました。









ふと足元を見ると、ロサンゼルス広場の奥の石の上に、なにやら不思議な集団が。。。

haidi.JPGうーむ。どりぃみぃですねえ。

誰が置いたかわかりませんが、なんか可笑しかったです。








そして帰宅して昼寝しようと休んでいると、チビが「トリエンをつくったから見ろ。見ろ。見ろったら見ろ」とこれまたうるさいので、「ったくぅっ。。。」とぶつぶつ言いながら起きてみました。


new trien.JPGそれがこれ。
「なんだこれ?」と聞くと、
「あいちとりえんだな」と胸を張って言いました。

水筒とグラスのトリエンマーク。。。
これまたなんか可笑しくて笑ってしまいました。






てな感じで、久々のノンビリした休日でありました。

おしまい。


  by tcc yamakawa










posted by 管理人1号。 at 16:43| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

胃壁はマゼンダ。

さて胃カメラを飲むことになりました。

昨年、生まれて初めて胃カメラを飲み、「潰瘍が治った痕があります。また数ヵ月後に飲んでください」と言われたまま一年も放置してました。

で、最近ちょっと忙しくて&暴飲暴食が続き、なんとなく胃の調子が悪かったので、今朝、病院にいったところ、即「胃カメラやりましょう」と言われてしまったのであります。

経験された方にはわかると思いますが、あれは苦しいんだよねー。。。(涙)

まぁしかし来週末からは松永Dらとベトナムロケがあるので、現地で何かあったらイカンと思い、検査を受けることにしました。

そして思い出したんですが、モニターに映し出される自分の胃壁って、思いがけずとても綺麗なんですよね。すごく天然のピンク色で。苦しさを忘れて「ほほぉ」と見入ってしまいました。


そうなのであります。胃壁はマゼンダ色なのでありました。


検査は月曜の朝イチ。

また報告いたします。


おしまい。


  by tcc yamakawa







posted by 管理人1号。 at 17:02| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

一週間で。

さて気がついたらもう金曜日です。

先週の今頃は、レセプション会場で右往左往していた気がします。



そして何も思慮深く考えぬままに、もう一週間たってしまいました。



谷川俊太郎さんの詩に、「大人の時間」という詩があるのを思い出しました。


 〜子供は一週間たてば一週間ぶん利口になり、自分を変えることができるけれど、大人は一週間たってももとのままで、一週間かかって子供を叱ることができるだけだ〜


みたいな内容です。



僕は正にそんな一週間を過ごした気がします。


嗚呼。。。いいトシこいて、どうしてこうなのでしょう。



トリエンナーレの数々の作品を前に、変わっていくことと変わらずあることの難しさと力強さが共存してるような気がして、思わず唸ってしまうことがしばしばあります。



作品のもつ、あの懐の深さはどこにあるのでしょうか。



人間そのものよりも、人間が創った作品のほうが訴えかけることが大きいということを、どう解釈したらいいのでしょう。


一週間で覚えたことがあったかどうか、思いなおす金曜日の夜であります。




 by tcc yamakawa









posted by 管理人1号。 at 20:40| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

天から降りる。

先週と今週と、飛騨高山に撮影に行きました。




tomato (2).JPGその道中。

空が秋めいてきているのが少しわかります。








sora.JPG雲も夏から秋へ移っていくさなかのカタチ。









tomato (1).JPG飛騨のトマト。

この完熟の「赤」は太陽の赤色の気がします。







goya1 (2).JPG飛騨のゴーヤ。

沖縄のゴーヤとはちょっと違い、透き通るような「緑色」。

森の木々の緑色の気がします。









芸術家のみなさんは、作品を創るとき、「降りてくる」とよく言われます。


自然の賜物も、その造詣をしみじみ見ていると


「降りてくる」


のかな、と思ったりします。




飛騨高山の深い山々に囲まれ、一面に広がるこうべを垂れる稲穂を眺めながら、そんなことを考えていました。



そして!


松永D不眠不休の爆編の結果、トリエンTV9月号のベースができあがりました。


これまでにないボリューム感 & アート感だと思います!


早川えみさんのレポートも臨場感たっぷりです。


見たらゼッタイ会場にいきたくなる“あいちトリエンナーレTV”は、東海ケーブルチャンネル&愛知県のHPで放送中です!ゼヒご覧ください!!!




  by tcc yamakawa




 あいちトリエンナーレTV

  http://www.tokai-cable.jp/aichitriennale/index.html

 愛知県HP〜あいちインターネット情報局

  http://www.doga.pref.aichi.jp/ch5/index.html












posted by 管理人1号。 at 20:32| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

いよいよだ〜

いやーレセプションは盛大でしたね!

1300人の出席者に200人の報道陣。いかにこのイベントが注目を集めているかわかりますね。


なにより、開幕日もその翌日もたくさんの人が会場を訪れていてよかったです。



それにしても、東海エリアで「ハレ」の話題でこれだけの人たちやメディアが集まったのはいつ以来でしょう。


神田知事や建畠監督が

「こんな時こそ、こうしたイベントをやる意味がある」

と何度も言われていたのを思い出します。



立秋をすぎ、処暑をすぎてなお残るこの暑さに枯渇する肉体のように、今の私たちは精神も乾いていて潤いを探し求めている気がします。(それはビールではないのですねぇ。。)


そんなタイミングで始まった、あいちトリエンナーレ2010。


こりゃー行かないテはないな。。。と思いますよ!


ゼヒ!!



   by tcc yamakawa




 ※そしてただいま9月号に向けて松永Dは爆編中!(のはず)

   とりあえず潤いを求めて、
   ビールを飲みに今どこの居酒屋にいるのか、
   ヒジョーに気になるところであります。。。
   
 







  














   
     



  









   











posted by 管理人1号。 at 20:37| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。