2010年07月31日

お笑いをひとつ。

kusama.jpgさて今回のトリエンでは、一時いろんな意味で話題になりました「プリウス」が草間彌生さんのデザインによってパッケージされてお目見えします。



ちなみにまったく個人的な感想でありますが、プリウスはすごくイイ車だと思います。ハイ。社用車で使ってるんですが、ゴッツええ感じです。

camaro.jpgボクは実は若い頃はアメ車乗りでありまして、このカマロに乗ってました。イヤーこれもゴッツええ感じな車でありました。

曲がらないし止まらないし車体はグニャグニャだし燃費は悪いし、最高でした。





camaro2.jpg僕的にはこのくらいのカマロに乗りたかったのですが、町乗りには不向きなので諦めました。






camaro3.jpgこれが今のカマロ。なんか好きくない。。。アメ車っぽくないですよねー。

でも未だにこんなスポーツカーを作るアメリカって憎めないです。「よーやるわ」って感じでしょうか。





で。

今はドイツ某社の1600ccちう実にちいさなファミリーワゴンに乗ってますが、アメ車と真逆で、誠にキッチリ曲がり、止まり、硬い車体で軽快に走り燃費もいいです。しかし面白くないです。ゼンゼン。まぁゲタがわりとしては非のうちようがないですけど。

てかついこないだまで、僕は車のない生活を2年ほどしてました。

その前までもアメ車に乗ってたんですが、あんまり壊れるもんだから、

「もーいらん。時代はチャリだ。エコなのだ」

と宣言し、ホントにチャリ中心の暮らしに入りました。

そしたら、すごく快適なんですねー!ビックリしました。

経済的にイイということもありますが、生活がとてもシンプルになって心地よかったです。


まぁさすがに子供が大きくなってきて、いろんなところに行きたいのでまた買ってしまいましたが、いつかまた車ナシのチャリな暮らしに戻りたいと思っています。




そして。

まったく突然ですが、こんな小噺を思い出しました。


豪華客船が沈没の危機にさらされてしまいました。

誰かが海に飛び込んで重量を減らさなければなりません。


 「いま海に飛び込んだらヒーローになれるぞ」

 と言うと、アメリカ人が飛び込みました。

 「いま海に飛び込んだら女性にモテるぞ」

 と言うと、フランス人が飛び込みました。(イタリア人もかな)

 「海に飛び込んでください。規則ですから」

 と言うと、ドイツ人が飛び込みました。

 そして最後に

 「ほら、みんな飛び込んでますよ」

 と言うと、日本人が飛び込みました。


なるほどですねー!

ドッと笑い。おしまい。



 by tcc yamakawa


  








posted by 管理人1号。 at 14:19| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

リーマンナーレ。

さて今日は名古屋で400年(!)の歴史をもつ料亭「河文」にて撮影。

名古屋出身のダンサー、平山素子さんへのインタビューでした。


今日は、昨日まで続いた名古屋の暑い夏空がウソのように明け方から猛烈な雨となりましたが、撮影の直前から雨が上がり、都会の喧騒がすべて遮られた中での静かな空間でインタビューさせて頂きました。


いつもそうなんですが、アーティストのみなさんを前にすると、いかに自分がちいさいか。。。を痛感して、どーでもいいことに“ウダウダクヨクヨグジグジネチネチ(もういいか)”しているのがアホらしくなってきます。

つまりパワーを頂くのでありますね〜。役得であります。


今日もそうでした。インタビュー自体はほんの数10分のものでしたが、ホントにカッコよかったです。


そしてその後ボクはコンビニでおにぎりを買って事務所に戻りました。


おにぎりを食べつつパソコンに向き合い、

「うーん、なんだかわびしーなー、リーマンはよ。。。」

と思いかけましたが、

「いや、かっこいいリーマンも結構いるなあ」

と思い改めました。


ついつい一芸を極めたヒトに脚光が浴びがちですが、サラリーマンや市井の人々もみなそれぞれドラマがあり、カッコイイのであります。


そーなのです。

どんな道でも、その人の気持ちひとつですよね。


なので、

「リーマンナーレ」

なるイベントをやったら結構面白いかもしれないな。。。などと、ちょっと本気で思ってしまいました。

推進室の皆さんなんて、濃いキャラの人たち満載だと思うのですが。。。(すんません)


「推進室ナーレ」


面白そうだなあ。。。


オレだけ??



  by tcc yamakawa


※平山素子さん
 http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/motoko-hirayama.html

※河文さん
 http://www.kawabun.co.jp/






posted by 管理人1号。 at 21:10| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

8月号完成!

さてなんとなく更新し忘れておりましたが、今日は8月号の最終プレビューでした。

久々に芦部さんにお会いした気がします。(気のせいか?)

そして久々に菊池さんにも御挨拶できました。推進室のみなさんは超忙しいんだろうな。。。

グロンサンかリポDあたりを常飲されてる気配。。。



で。

今回の中身ですが、ベロタクシーか野々村誠さんかATカフェか。。。

またまた盛りだくさんの内容です。ゼヒご覧ください!


いやーしかしベロタクシーの撮影は地獄でした。。。

思えばあのあたりから名古屋の酷暑が始まった気がします。

そんな中を、カメラをもって芸文から長者町まで走りました。

おじさん(43歳)死ぬかと思ったって。マジに!


てかもう間もなく開幕ですねー!!

今日、プレビューの後で次の打ち合わせをしてたんですが、フト

「あ、これ9月号の打ち合わせなんだな」

と気づいてちょっとビックリしてしまいました。

そしていよいよ撮影も過密スケジュールを迎えそうな気配。。。


残すところあと3回。あとは走るだけですナ。



ちうことで、8月号は8月2日から東海ケーブルチャンネルで放送!お楽しみに〜♪

 ※東海ケーブルチャンネル
   http://www.tokai-cable.jp/



  by tcc yamakawa




  ⇒PS
 
   鶏園亭はどーなったのだ。











posted by 管理人1号。 at 13:10| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

えーっと・・・

ディレクターの松永です。

あいちトリエンナーレ2010は「130組以上のアーティストが参加」

ってことは、会期中の番組3本で全員を紹介すると、
えーっと・・・割り切れないけど・・・
だいたい1本あたり45組ぐらい?
トリエンナーレTVは、30分番組だから・・・

皆さん、今回のトリエンナーレは記録に頼らず、記憶に留めましょう。ぜひ作品の前に立って、全身でそのパワーを感じ取ってみませんか?

(注)
何だか無責任な文章でゴメンなさいふらふら
山川Pの文章を読んで、未来のあいちに思いを馳せたのも束の間、目の前には決算処理に向け、領収証、請求書の山・・・
いま僕は2010年4月3日の伝票処理中。
未来どころか、「現在」に追いつけない状況なのです。
昔から夏休みの宿題はギリギリか後出しでした。


posted by 管理人1号。 at 18:34| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

メディアとして。

さて気がつけばトリエン開幕まで1ヵ月を切っていたのでありますね。


1ヵ月。。。



しかし、この「あいちトリエンナーレ」がこれから少しずつ定着していくとき、初回にあたる今回をどう振り返るのでありましょう。

そしてそれを振り返るとき、今回のオフィシャル番組であるこの番組が「当時の資料映像」「第一回目の様子」として、後世いつまでも関係者の皆さんの前に公開されるかと思うと、これまで「テレビ広報番組」ということばかりに重きを置いて制作してきたことにいささか震えがくるのであります。


「あいちトリエンナーレ2010」。


今ここで開かようとしている現代アートの祭典に賭ける精神が、後世に長きに渡って伝わるDNAとして残るよう、願ってやみません。


そして「あいちトリエンナーレTV」。


一過性に終わらず、祭りに煽られず、「記録」として残すことの意義と使命を改めてかみしめる日々であります。


残りあと4本ではありますが、ここらへんに我々メディアの存在する本当の意味があるような気がしています。違うかな。。。。



 by tcc yamakawa






posted by 管理人1号。 at 22:11| スタッフ日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。